ロジリカの世界観、ピックアップ、おすすめのスタイル、
デザイナーのマインド、最新情報をご覧ください。






シルバーと真鍮の特徴



ROZILICAのシルバーアクセサリーは、シルバー925を用いられています。 シルバー925とは、シルバー(銀)の含有率が92.5%であることを表します。 なぜ100%でないかというと、シルバーは柔らかく強度が弱い金属なので、銅などの他の金属を混ぜて合金にして強度を強くし、アクセサリーとして使えるようにしています。 シルバー925は「スターリングシルバー」とも呼ばれ、925の代わりにSTERLING(価値ある/本物)の刻印が入っている場合もあります。 925以外の銀もいくつかの種類があり、それぞれ呼び名も違います。 1000(銀100%)、950(銀95%)、925(銀92.5%)、900(銀90%)。 1000は純銀、950はブリタニア、925はスターリングシルバー、900はコインシルバーと呼ばれています。
また、変色についてですが、シルバーは硫化という反応が起こります。 硫化とは硫黄成分に反応して銀が黒く変色することで、空気中の硫黄成分や、汗、温泉の成分(硫黄成分が無い温泉は反応しません)に反応します。経年変化による黒ずみがシルバーの魅力ですが、黒ずみが気になる場合は通常の黒ずみ程度なら、市販のクリーナーや磨き布でケアすることにより、元の状態に近い形に戻すことが可能です。柔らかい金属ですので、お手入れのし過ぎにはご注意下さい。
次に真鍮についてです。真鍮は、銅と亜鉛の合金です。シルバーに比べると価格が安く、変色も風合いのひとつとして楽しめる人気の素材です。 長期間錆びにくい特徴がありますが、水分には弱いので湿気や汗には注意が必要です。 磨く際には、乾いた布で幹拭きすると輝きを長期間保つことができます。ROZILICAの真鍮素材のアクセサリーは腐食を防止するメッキをコーティングしているので、より錆びにくいアクセサリーになっています。

シルバーも真鍮もそれぞれアクセサリーの素材として良さ、弱点があるので、ご自身に合ったモノをお選びください。
また、金属アレルギーに関しては、シルバー、真鍮、銅、ニッケル、どの金属がアレルギーなのかはパッチテストを行なっていただくと判明致します。アレルギー症状が出やすいとされているニッケルはROZILICAでは使用しておりませんが、それ以外の金属アレルギーの場合も御座いますので、もし気になる方は一度パッチテストを行なっていただくとアクセサリーの素材選びも簡単になると思うのでおすすめ致します。 素材やアレルギーについてのご相談やご不明点がありましたらLINE@、ROZILICAカスタマーセンターまでお気軽にお問い合わせください。